Home » ドコモと格安スマホ、月額料金にどれくらいの差があるのか

ドコモと格安スマホ、月額料金にどれくらいの差があるのか

2016年に入りMNPによるキャッシュバックがほぼなくなり、数ヶ月に1度携帯会社を乗り換えて毎月の通信料金を下げることが実質不可能となりました。ですから格安ススマホ会社が大人気となり、利用者が大幅に増加している状況です。そこでまだ格安スマホ会社のことをご存知ない方のために、業界最大手ドコモと格安スマホ会社とで月額料金にどれくらいの差があるか紹介します。
まずドコモの料金プランから説明します。まず通話プランは、通話無制限のカケホーダイプラン2700円と、5分以内の通話が無料となるカケホーダイライトプラン1700円から選択します。これにSPモード300円が必須で、データパックは2GBが3500円、5GBが5000円、8GBが6700円です。ここで注意するポイントは、カケホーダイライトプランはデータパック5GB以上でしか契約できず、カケホーダイプランよりも割高になることです。ですからカケホーダイプランなら月6500円から、カケホーダイライトプランなら7000円からとなります。この金額から月々サポート(端末により異なる)という数百円から3500円位までの割引サービスが適用され、実際の料金は2年間先程の金額から割り引かれます。
一方格安スマホの月額料金は、お持ちの端末を使うならドコモの半額以下に抑えられます。ただし格安スマホには無制限で話せるカケホーダイプランに相当するプランはありません。ですからドコモのカケホーダイライトプランに相当するプランで契約すると、通話SIMにデータ容量3GBで約1700円に、5分以内のカケホーダイオプション約850円を付けて、約2550円に収まるというわけです。

Name of author

Name: Travis